ぐうたら主婦、初めての海外駐在!!@バンコク

初めての海外駐在に向けて準備中☆

駐妻さんとの距離感の取り方

あと2ヶ月で、駐妻歴1年になります。

ここ最近、本当に難しいなぁ…と思うのが、駐妻さん達との距離感。

 

約10ヶ月生活してきて、何度もモヤモヤしたことがありました。

少しずつ、友達に吐き出してみたら、思った以上に同じ悩みを持つ人が多いこと!!

あら?みんな同じ風に思ってる人多かったのかな?と思ったので、少し書き出してみたいと思います。

 

1.駐妻は基本的にヒマである。

ここバンコクの駐在妻は基本的に働いてはいけない。もちろん、会社に許可を取って合法的に働いている人もいるが、大多数は専業主婦。

もちろん、習い事や趣味にボランティア、資格取得…と精力的に動いている人もたくさんいる。

 

でもやっぱり、日本にいる時よりも圧倒的に増えているランチの回数!!!

  

2.駐妻の世界は狭い!!!

これが一番怖いこと。

きっと間に1人2人を介せば、誰とでも繋がってしまうことが出来そうな感じ。

全然関係ないと思って話をしていたら、「あ、その人知ってるよ。夫が同じ会社だよ。」「同じマンションだよ。」なんてことはザラ。

迂闊に変なことは喋れないな。と思う。

日本では、社宅生活をしたことが一度もなかったので、こんなにも密集した地域に同じ会社の人がいるなんてこともなかったし、ちょっとドキドキ。

もちろん、会社の奥様達だけではなく、ママ友もそう。

同じマンション、同じ幼稚園、同じ学校、同じ習い事、共通の友人…

 

バンコクにいる日本人の子供は、大多数は日本人小学校に通っているので、話は筒抜け。

 

同じ話を、別々の人達から何度も聞くことがあります。

 

 

色んな個人情報がそこら中に散らばってますよ、奥さん!!!!

 

いや、公開してる人は別に良いんだけど…

私はちょっと怖いと思ってしまう。

 

自分の知らない人が、知らないところで自分の話をされている…と思うとちょっと恐ろしい。

 

日本だったら、ちょっとした愚痴とか

子供のいない友人、離れた場所に住む友人、学区の違うママ友…なんかに話してたことが、誰かに話してしまうと漏れてしまいそうで。

 

夫の愚痴、家族の愚痴程度なら良いんだけど、友達同士のモヤモヤは…

本当に信頼の出来る友人にしか話せない。

ほんのわずか数人だけど、聞いてくれる人がいて良かったと思う。

 

そう思うと、あんまり必死に【友達作り】しなくて良かったのかな。と思った。

 

来たばかりの頃は、右も左もわからなくて…

色んな人に声を掛けて、どこに行くにも不安で誰かと一緒にじゃないと行けない…と思っていたけど、

 

最近は、そういうのが段々と窮屈になってきて…

本当に親しい友人と、心置きなく過ごせるのが一番だな。と思えるようになりました。(←遅い?)

 

ただ、所属するカテゴリー(同じマンション、同じ会社、同じ幼稚園、同じ学校、同じ習い事、子供の友達…)が揃ってくると、共通の話題はたくさんあるのだけど、話しにくいことも段々と増えてくる気がして…

 

適度な距離感が大事だな〜と日々痛感しています。

少し吐き出してみました…。

 

ランキング参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしくお願いします☆