ぐうたら主婦、初めての海外駐在!!@バンコク

初めての海外駐在に向けて準備中☆

バンコクでの幼稚園選びについて③

インター校にしようと、入園を決めたものの…

 

やっぱり高いハードル。

色んなこと悩みました。

 

 

娘が環境に馴染めるか心配

日本の幼稚園でさえ、プレの1年間、教室で誰とも会話しなかった超絶人見知り場所見知りの娘。

クラスメイトがほぼ外国人の中、果たして彼女がやっていけるのか。。。

 

とは、思いましたが。

どの園に行ってもきっと同じだろうと思ったので強行突破することにしました。

タイに来てから、人見知りが少し改善されたような気もするし。

タイ人&外国人のグイグイくる感じに、アイドルばりに手を振る娘。笑

 

日本人小学校と休みが合わない

これは一番困ること。

息子が通っている日本人小学校と、長期休みの期間がズレているので、一時帰国や旅行のタイミングが難しいということ。

日系幼稚園付属インター部になら、休みの期間は同じだと思います。

学年の始まりが夏スタートなので、夏休みもズレているし、年末年始は休みだが、そもそも春休みもない。

 

→幼稚園児だし、小学生の息子に合わせて休みを取ろうという結論に。。。

 

 

日本人小学校へ入学した前例がない

娘も小学校は日本人小学校へ。と思っているのですが、インター校付属幼稚園なので、小学校はそのままインター校へ進むため、過去に日本人小学校へ上がる前例がないということ。

まぁ、そりゃそうだよね。

敢えてのインターなんだし、海外にいるのにわざわざ日本人小学校に入学させることはないかな。

 

→前例がないなら前例を作る。(by.夫)

私は「それじゃあ無理だ〜」と一旦諦めたのですが、さすがはビジネスマン。

「前例がないのであれば、我が家が前例になればいい!」その一言によって決断できました。

そもそも、確実に娘が入学するまでタイにいるとは言い切れないし。

今しか出来ないことをやってみよう!

 

学期の始まりが違うので、クラスが年齢と合わない

日系幼稚園では、現在年少の娘。

9月スタートなので、インター校では年中クラスに値する。(半年早めな感じ)

年中児になると、もう半年後には年長になってしまうので、クラスの習得度に付いていけない可能性が。

前タームでアルファベットのお勉強をしたらしいので、今タームには、単語のお勉強に入るとか。。。

絶対についていけなくて、嫌になるパターンかと思いました。

 

→レベルを一つ落とすことで解決。

1学年下のお友達と一緒のクラスに入りました。1人だけやけに背が高いけど。笑

まだ、今は数字やABCの歌の段階なので、ついていけるかも?

 

どうせなら息子もインター校へ編入させてしまう?

みんなから言われたこと。

低学年の今ならまだ追いつくことが出来るよ!と。

 

→でも…辞めました。

日本人小学校にもすっかり慣れて、お友達もたくさん出来てものすごく楽しんでいる様子の息子。

英語に興味があるのはわかるけど、もう一回転校させるのは酷かな。と。

どのみち、日本に帰ったらまた転入することになるし。

英語は習い事で親しんでもらおうと決めました。

 

そもそも!会社から入学金の補助が出るのは一度だけだし。

もう払ってしまったのだから、もし編入するとなると自腹!

そんな余裕、我が家にはなーい!

 

英語が苦手だけど、大丈夫?

そもそも英会話が出来ない私。

先生とのコミュニケーションはうまくとれるのかな?

→同じマンションに同じインター校に通っているお友達がいるところを選びました。

いざ、なんかあった時に尋ねることが出来る人がいるのが心強いから。

学年は違っても、質問できるというのはありがたい。

 

多数のインターママにお話を聞いたのですが、ママは英語が苦手、という方もたくさんいました!お手紙はGoogle翻訳とにらめっこ。。。のようです。

もちろん英語が堪能で、子供達が降りてきてすぐにお手紙をみてスラスラ理解して「えー!持ち物これだってー!」とか言ってくれるママもいます。

 

園によっては、日本人コーディネーターなどがいる園もありますので、色々と見学に行かれるといいと思います。

 

 

でも、自らも追い込んで英語勉強します!!

 

実際に登園してみて

今日はPM2.5の影響でバンコク市内全校お休みですが…

 

初日は楽しく帰宅しました。

ダンスもしたみたいで、「また明日も行けるよー」と言っていたのですが…

 

登園2日目からは、「幼稚園やだ…英語わからない」と言うようになりました。

少し心配ですが、プリントを見てみると自分の名前をアルファベットで書いてきてビックリしました!!

上手に書けてる!

 

朝は少し泣いちゃうけど、バスに乗る時には切り替えてシャキッとしてるのは、さすが女子って感じですね。

息子は幼稚園の時、ガンガン泣いて登園拒否をしてくれたので、私も泣き叫ぶ息子を抱えてバスに乗せて…と大変でしたが。笑

ちゃんと「行かなくてはいけない」と理解しているところはさすがです。

 

 

そんなこんなで、娘のインター校生活と私の英語学習の日々が始まりました〜

 

過去記事はこちら。↓

www.ayame-bkk.com

 

 

www.ayame-bkk.com

 

 

ランキング参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願い致します♡